HP HP80 インクカートリッジ イエロー 350ml 染料系 C4848A 1個 インクカートリッジ、トナー 珍しい

MIE 長穴ダイス(タケダ・藤村用)10X25mm MLD10X25TF,
  1. ホーム
  2. インクカートリッジ、トナー
  3. HP HP80 インクカートリッジ イエロー 350ml 染料系 C4848A 1個

HP HP80 インクカートリッジ イエロー 350ml 染料系 C4848A 1個 珍しい

HP HP80 インクカートリッジ イエロー 350ml 染料系 C4848A 1個
メーカー:HP 品番:C4848A Designjet1000用インクシステム

●商品名/HP80インクカートリッジ
●色/イエロー
●容量/350ml
●品番/C4848A
●入数/1個

(適応機種)
Designjet1050C、1050C Plus
Designjet1055CM、1055CM Plus
  • 5.00

    スンバラしい〜

    無流拳

    日本語がバッチシですね。ブルーレイだし。値段もいい感じですね。冊子も付いていて、買って良かったです。覚えているつもりで観ていたが…最後のシーンがあんなに惨たらしい終わり方だったとは、覚えていませんでした。地元役の女の子が何とも云えない活躍ぶりで…まだ観た事無い人は、是非とも!(でもドンパチはすくないです、期待はしないでください。気持ちを感じ取る作品です。)

  • 4.00

    結局誰も壊せなかった

    eggman

    最後、倒れた所にたまたまスイッチがあったため、橋が壊れます。結局、自分で作ったものは壊せないんですね……

  • 3.00

    史実とは違うが、映画としては面白い!

    amazonica

    余りにも有名な映画で、公開されてからどれだけの人が見たことだろう。そして、どれだけの人がこれが史実であると勘違いしたことでだろう。なので、一応、史実と違う点を把握した上で映画を楽しんで頂ければと思う。1.日本軍は当時、この橋の建設に15000人の技術者を日本から投入し、実質、橋の建設は日本人が行った。捕虜や地元で雇った労働者は、主に単純労働に駆り出された。2.捕虜収容所の監督は、それぞれの国が行っていた。日本軍は労働に欲しい人数を毎回申告し、それを選び差し出していたのは、それぞれの国の監督であった。クリスマスを祝ったり、牛を差し入れたり、賃金も払われていたそうである。3.日本軍と他の国の軍人が敵対してることはなかった。敵国である捕虜たちと日本軍人が談笑してる写真も多く残っており、敵対し合っても橋の建設が遅れるだけなので、力で従わせるなどの行為はなかったと。4.現在、この映画の舞台であると観光地になってるタイの橋は、まったく違う橋である。近年、ミャンマー近くで、映画の舞台になった橋の土台が発見されている。5.この工事によって多くの犠牲が出て、日本軍がよく悪者扱いされているが、実際は度重なる洪水により物資が滞り、その後のコレラ、赤痢などの伝染病が蔓延した事が原因である。あるイギリスの将校が患者になった同胞を3000人も殺している。それぐらい、厳しい状況であった。今でも死の鉄道などを言って、イギリスの主張を鵜呑みにした宣伝をしている日本のツアー会社もあるらしいが、止めてもらいたいものである。白人側の映画なので、イギリス人は紳士でまともで、建設の技術力も上っていう設定はしかたないのかもしれない。当時、そして今でも日本人、黄色人種は野蛮でサル以下と思っている人もいるわけで。ですから、いい加減、白人に媚びるのは止めて、日本人目線の正しい認識の映画を日本でも作り、世界に発信してほしいものである。

  • 5.00

    戦争が醸し出す狂気の世界

    H. ボガード

    いろいろな考えがあると思うが、映画そのものだけを考えたい。 全てが狂っている。ニコルソンもシアーズも、最後にはウォーデンも狂ってしまった。恐らく本人達は”正しい”と信じて行動していたであろうが。戦争は正常な人間をも狂わしてしまう。何も生み出すことはない。あるのは破壊のみである。この映画はそのことを明確に示してくれている。 日本人の私から見て、斉藤大佐がまともに見えるのは気のせいだろうか?争いから距離を置いていたクリプトンが生き残り、全てが破壊されたエンディングにふさわしくない「クワイ川マーチ」の明るく軽快なテンポがむなしさとのギャップを示し、戦争の無意味さをよく伝えている。 今から25年前に初めて見て、このほど久しぶりに本映画を見たが、年齢を加してもこの思いは変わらない。背景的要因はともかく、映画そのものの内容はすごくすばらしい。

  • 5.00

    大いなる幻影

    コンスタンティノープル

    やっと見る機会に恵まれました。できれば大画面で観たい映画です。デビッド・リーンの映画らしく、あくまで個人の心を描きながら、大きな自然風景が綿密に美しく映し出され、壮大な物語が描かれています。まず、太平洋戦争の話でありながら、日本人にも(いくらかの)敬意を払っていることが認められる点が秀逸と思いました。酷いという人も多いですが、ほかの作品に比べると、しかも時代背景や、英国人の監督が描いていることを考えると驚くべきレベルだと思いました。物語の中心となるのは、アレック・ギネス演じる大佐ですが、私はこの方の声と発音がとても好きです。この作品で何を訴えようとしているのか、解釈は人それぞれで良いとは思いますが、私は人としての信条、人間としての誇り、であると思いました。それが共通していた二人は、最後に心の中で結びついたのだと思いました。リーン監督は映画「大いなる幻影」を意識していたとのことです。なるほどと納得できました。虚無感を感じるラストですが、音楽はあくまで明るいマーチです。ちなみに製作費は膨大でしたが、その10倍以上の興行収入があったとのこと。アメリカ人を登場させたのは、興行収入を意識してとのことだと思いますが、国が違うことが良い効果を出していたと思います。そのアメリカ人であるウィリアム・ホールデンのギャラは当時はの世界最高峰だったそう。100万ドル+興行収入の10%という契約だったそうです。

  • 5.00

    主人公のお部屋がかわいい。ラストは心がほっこり。

    Amazon カスタマー

    何度でも観れる映画。とにかく1度は観ておく価値ある映画。

  • 4.00

    無し

    東谷健一

    DVDプレーヤーで見た

  • 4.00

    グリーンとレッドのハーモニー

    ちぇぶらしか

    毒親に虐待されて育った、妄想癖のあるヒロインが奇妙な収集癖のある男性にシンパシーを覚え恋に落ちるラブストーリーです。出るキャラ全てが個性的で、見れば見るほど味があります。全体的にセピアが配色され、随所にグリーンとレッドが使われてます。幻想的な雰囲気はこの色使いによるものかもしれません。ふとした時に何度も見返す作品です。

  • 4.00

    アメリ

    中島由佳

    フランス映画らしい描写で、アメリなりのコミュニケーションとかが可愛くも奇妙な感じが面白かった。

  • 5.00

    【ねたばれ有り】不思議な世界観と変人たち

    フランスの舞台が最高。アメリは変てこな子だけど周りの素敵な人たちを幸せにするし、悪いやつにはいたずらして懲らしめる!伏線のはりかたがめっちゃ好き。パパも旅行にいけてよかった!BGMも最高で、アメリの世界に浸れる。大好き〜。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001