1台 CS-60G みみもとくんミューツー テレビの音が耳もとでハッキリ聴こえます。エムケー電子 その他キッチン家電 【希望者のみラッピング無料】

アメリカ輸入専門ショップ!お探しの商品はお問い合わせ下さい!ロイヤルウッド 壁掛け時計 | 超静音クォーツメカニズム | 米国で手作り 美しく鮮明な色が持続 | 8サイズ展開,
  1. ホーム
  2. その他キッチン家電
  3. 1台 CS-60G みみもとくんミューツー テレビの音が耳もとでハッキリ聴こえます。エムケー電子

テレビの音が耳もとでハッキリ聴こえます。エムケー電子 みみもとくんミューツー CS-60G 1台 【希望者のみラッピング無料】

テレビの音が耳もとでハッキリ聴こえます。エムケー電子 みみもとくんミューツー CS-60G 1台
【商品名】 エムケー電子 みみもとくんミューツー CS-60G 1台 【ジャンル・特徴】 テレビの音が耳もとでハッキリ聴こえます。 [ CS-60G ]■商品内容
●ワイヤレスだから使用場所は自由自在。
●携帯できるので家事をしながらでもテレビの音が近くではっきり聴こえる。(ネックストラップ付)。
●音声明瞭スイッチで聴こえにくい高音域の音声もはっきり聴こえる。
●受信機は充電池内蔵なので繰り返し使えて経済的。
●テレビの音量を上げなくても家族みんなでテレビを楽しめます。(ヘッドホン接続時、臨場感あふれるステレオ音声で楽しめます。)
●スタンドに差し込むだけの簡単充電。


■商品スペック
その他仕様:【受信機】
●寸法:約W50×D107×H33mm
●重量:約70g
●電源:専用リチウムポリマー充電池(DC3.7V 1100mAh)
【送信機】
●寸法:約W80×D30×H13mm
●重量:約30g
●電源:AC100V 50/60Hz
付属品:ACアダプター、プラグアダプター、充電スタンド、ネックストラップ、送信機固定シート
保証期間:1年

【キャンセル・返品について】
商品注文後のキャンセル、返品はお断りさせて頂いております。予めご了承下さい。



■送料・配送についての注意事項
●本商品の出荷目安は【5 - 11営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●沖縄、離島および一部地域への配送時に追加送料がかかる場合や、配送ができない場合がございます。
  • 4.00

    事実は小説より奇なり

    Пончик

    「事実は小説よりも奇なり」小説でも嘘くさいって言われるぐらいの嘘みたいな展開の数々。当時17歳の少年がここまでやれたのが驚き。あまりにも堂々と嘘をつくと、疑われないものなんだなあ。フランクとカールがルパンと銭形みたいで面白い。コメディタッチで楽しく見られる。

  • 4.00

    事実とは若干の違いがあるようですが

    ゆ-みんまま

    映画としての内容としては、とても見ごたえのある作品でした。

  • 5.00

    凄く良い映画。

    Amazon カスタマー

    現実と空想と興味深く、人間の本質に鋭く切り込む映画、大人の映画、分かる人は一人前だ。

  • 5.00

    超ネタバレします。ご注意下さい。

    テラシマ117

    めちゃくちゃネタバレします。超ご注意下さい。この映画はネタバレしちゃうとダメな映画です。ワクワクは取っておいて下さい。。。。。。。最初『実話を基にした映画だ』って聞いてたから、『ソ連の諜報員(KGB⁇)とのカーチェイス』や、『米国に爆弾が仕掛けられました。』とか、『米国への侵入ルート』みたいな話しになった時、『え???? んな話し聞いたこと無いけど⁇⁇』自分達が知らないだけで、そんな『アルカポネ時代のマフィアとの抗争』みたいな、秘密裏の激戦が繰り広げられていたんだろうか…⁇『いや、流石に映画だからか??』脚色⁇⁇とか思ってたら、、、騙された笑笑この野郎…wwまあ楽しかったよ笑笑しかしエド・ハリス良いねぇ〜。自分の中では『ザ・ロックの大佐』『トゥルーマン・ショーのディレクター』とかのイメージがあるけど、この人って頭良さそうで、凄い綺麗な目をしてるから、なんか『悪人』に見えないんだよね。なんか訳があって『悪人』してる人。みたいな。個人的にメリッシュ出てるの良かったです。プライベートライアンの。この人好き。しかし初めて『ラッセル・クロウってスゲーんだな…』って思った。中々出来ないよこの役と、この演技。赤ちゃんお湯に浸けて、窓ガラスバンバン叩いて、『誰々に子守を頼んだ、誰々に子守を頼んだ』みたいな事言ってんのとか、マジで発狂したかと思った。あと病み上がりから子供も居るのに、奥さんに世話して貰って、足引きずりながら、あの中年がせっせと大学行く姿の物悲しさ…泣しかもそれを後ろのバカな『自分よりずっと若い大学生』にバカにされてる…とか、、しかも超差別的なやり方で…汗あれは悲しいし、あの哀愁を漂わせたラッセル・クロウは本当に凄いと思った。またあのシーンに、あの人の今までの人生の全てが要約されてると思う。統合失調症で、幻覚や幻聴が聞こえてるのは、多分『24人のビリーミリガン』の『多重人格症状』と、かなり似ているケースだと思う。多重人格の複数の人格は、大抵『自分がこうなりたい自分』て願望が強く反映される…って聞いたことある。例えばビリー・ミリガンの場合、親父から虐待されまくった上に、そのクソ親父が『縄で吊るし上げの拘束をする』異常暴力者(多分極度のサディスト)だったから、人格の1つに『縄抜けの達人』てのがいる。他にも『ナンパが上手いやつ』とか、『営業能力が高いやつ』とか、『気品のある英国人』とか、場面、場面に分けて、色々な人格が用意されている。ラッセル・クロウ演じる『ジョン・ナッシュ』の『ルームメイト』も、エドハリスも、彼にとって『必要だった』んじゃなかろうか??幼少期とかに、子供が自分の持ってる大切な『お人形さん』に、名前を付けたり、お話ししたりする、『イマジナリーフレンド(完全に妄想の場合もある。)』ってヤツで、結構『一人っ子』の『女の子』に多い。『本や授業に出る暇はボクには無い』ってのも、あの集団の場では、極端な疎外感に苛まれるんじゃなかろうか。実際以前海外で、『自閉症のピアニスト』の子供がテレビに出ていたんだけど、『幼稚園や学校に行くのは、宇宙人の集団にほっぽり出されてる気分だった』って話してた。本人は『どうしてもピアノが弾きたい』のに、「今はお絵描きの時間ですっっ:double_exclamation_mark::double_exclamation_mark:」つって怒られてたのに対して、『プリーーーズッッ:double_exclamation_mark:泣』とかって泣き叫んでた。ジョン・ナッシュも、この子も、『自分が一番好きな分野(時間)』が、教授の世間話しや、特に興味の無い討論とかで潰れるのが我慢ならないんだと思う。『分かんない』だよ。仕方ない。『分かろうとしない』んじゃないんだもん。『それしか無い』んだよ。本当に。だから多分、尚更『めちゃくちゃコンプレックス』が強いんだと思う。劣等感がむちゃくちゃ強いからこそ、『自分には無いものを沢山持ってる生徒』に対して『嫌悪感』みたいのが強く出て、『バカにしたような態度』を取ってたんだと思う。『お前らにはどうせこの問題は分かんないだろ??笑』みたいな。だけど結局『人前で話すこと』も、『自信』も無いし、尚更『劣等感』が強くなっていって、あの自室に籠るようになってったんじゃ無いかね…、、だから多分『数学しか無い』この人が、自分を正当化させるには、あの妄想の世界しか無かったんだと思う。まあただ、実際あの『妄想の世界』の方が面白そうだし笑笑 自宅近くの納屋の中の秘密基地みたいな奴とか笑笑ちなみに昔自分は精神障害を患った人の福祉施設で働いてたことがあるんだけど、やっぱ中には、この映画の主人公に『負けず劣らず』凄い人がいる笑笑例えば、弁護士会や医師会の『名簿リスト』の『チェック作業』てのがあって、どちらも、専門・所属・所在地・勤務地・電話番号・年齢・名前・出身校、、、みたいな感じで、A4くらいの紙に、超細かく、嫌んなるくらいビッシリ情報が羅列されてんだけど、それにたまに『印刷ミス』があって、それを逐一チェックしなきゃなんないんだけど、ある利用者さんは、そのタウンページの『清書前の原稿』みたいな奴を、5×5ぐらいに床とかに綺麗に並べて、手元に『正しい見本の用紙』を手にすると、だいたい10秒くらいで、「あ、ここ間違ってます…」とか言って『一文字だけ数字が違うヤツ』とか、名前がズレてるヤツとかを、かなり高速で、超正確にやる人が居た。これが逆にコンピューターが無理で、最終的に『人』しか居ないんだけど、それやれる人がその人しか居なくて、その利用者さんは、その施設で、『その仕事』しかして無いんだけど、バックが『弁護士会』と『医師会』とかだし、超正確無比なもんだから、月に20万以上貰ってた。オレは側から見てるだけで発狂するくらい興味も無いし、やりたくもない作業だったから、マジでその人は『神』だと思った。この『ビューティフル マインド』観た時は『モロにそれ思い出した』笑笑まあ一種のサヴァン症候群のようなもの…てかサヴァン症候群だろ笑瞬間記憶で超正確な絵が描ける人とか、、、ちなみにこの症状、『人と接する』事で、能力が弱くなったりするそうです。『満足』しちゃうんだろうね。人間は『承認欲求』はどうしてもあるんだよ。『役に立ちたい』とか。この映画でも結局『数学』が主人公を救ったんだけど、実際は『生徒(てか同級生)』が彼をまた『教鞭の世界』に連れ戻したんだと思う。ちなみに実際には奥さんとはこの頃既に離婚してるらしいので、私は彼を救ったのは、『同じ学び舎に居る生徒(学生)』だと思っています。(日本の大学だったら例え『東大』でも、生徒の質がクソ過ぎてこうなって無かったかも笑笑)また、この手の『病気』は、『脳の神経回路』や『脳内物質』の影響がほとんどなので、『とにかく薬を飲まないと』良くなりません。躁鬱の人がこの映画と同じく『自己判断で急に薬を辞めたり』して、結果更に悪化したり、特に『躁状態』の時に『薬を辞めたり』するので、最悪マジで『飛び降りちゃったり』します。若しくは『飛び込ん』じゃったり。また日本の文豪の『芥川龍之介』も、晩年は『見ると死ぬ』と言われている『ドッペルゲンガー』に悩まされて居たらしいんだけど…、、『自分とそっくりなドッペルゲンガーを見た者は死ぬ』。ってめちゃくちゃ有名な昔からの伝説なんだけど、自分はただ単に、『多分脳(若しくは精神)が完全に限界を超えてオーバーヒートしちゃってる人』がただ単に『幻覚』として見るんだと思う。昔は『脳の知識』や『精神の知識』なんて、特に無いしね。医学も薬も発達して無いし。脳の角度は、僅か数%違うだけで、偉い支障が出る。ってんだから、まあ人ごとじゃ無いんだけどね。要は恐らく、『実は我々にもこの能力は備わっているんだけど、普段は脳がそれを敢えて制御してる状態』なんだと思う。こんな風にやたらめったら脳にとめどなく情報が入って来たら『キツい』でしょ?? パンクすんだよ。数字に色が着いてたり、とある文字だけ浮かびあって来たり、とある音だけ必ず拾っちゃったりね。もしかすると、ジョン、ナッシュは『人を人と捉えられていない』のかも知れない。数字の集合体に近く見えてしまっている可能性はある。それにしても素晴らしい映画でした。ラッセル・クロウも素晴らしかったし、エド・ハリスに会えるんだったら、イマジナリー フレンドも悪く無いかも…困った事あったら助言してくれそうだし…、、笑笑『おじちゃん♡』とか言って懐いてくれる幼女もいたし…笑そしたらオレ別に周りからヤバがられても良いわ笑まあ、この人達は、『仕事出来なくなる』からキツいんだろうな。生活出来ないもんね。最後に、『病気や症状』は、『遺伝する』から、困ったもんだよ。人は親とか祖父母とかに、『目付き』から『歯並び』、『癖』、『性格』まで『かなり遺伝する』よ。犬猫なんか、お父さんお母さんの毛並みそっくりで産まれてくるからね。あれ不思議なんだけど、豹柄やブチがそのまんま子に反映されたりね。耳鼻科の先生や外科の先生が、『たまに患者さんで、』『あっ!あなた〇〇さんの娘さんでしょ:exclamation_question_mark:』ってすぐ分かる程、『耳ん中が』似てたり、『鼻ん中』の『曲がり具合』とかが、『ほぼ全く同じ(遺伝)』だったりする例が多い!つって笑ってよ笑患者さんも当たってるから驚くんだって。そりゃ『名前』とか『顔』じゃなく、『内部』見られて判断されるんだから、驚くよ。だから人間は『外見(指とか手、顔)』だけじゃなくて、『臓器(内臓とか肺とか胃、脳)』も押し並べて、良く似るんだよ。だからこの映画の天才数学者のジョン・ナッシュの、この『強烈な』思考性や、特徴は、かなり色濃く『子供』に遺伝しやすいと思うよ。てことで、めちゃくちゃ面白くて良い映画でした。ラッセル・クロウが凄い。エド・ハリスは素晴らしい笑奥さん役の人も良いよね。あと大学時代のライバルみたいな人が結構好き。主人公より全然『大人』なんだよな。(主人公はこの人に対して『強烈な劣等感』があったんだと思う。)最後に話しかけて来てくれた学生さん良いねぇ。。あの図書室みたいなところで、学生さん皆んなで丸テーブル囲んで話し合ってるのとか、めちゃくちゃほんのりする。万年筆(ペン)の文化も良いねぇ…。。一瞬『これももしかして幻覚…⁇』とか思っちゃったけど笑あと結構『音楽』が好き笑笑『ハンハラララ〜♫ハンハラララ〜♬』みたいな、謎の森の歌みたいなヤツ笑笑スゲえ耳に入って来て好きだったわあ笑笑素晴らしい映画でした。次の日普通に仕事なのに、止めらんなくて夜中までぶっ通しで見ちゃいました。勿論仕事はソ連とナチスの日本進行を食い止める大事な諜報活動です。あー、忙し忙し…。。ちなみに、この映画の主人公の『ジョン・ナッシュ』と、『ジョン・フォン・ノイマン』を知っておくと、より映画が面白くなるかも知れない。天才対決させたら、完全『ノイマン』だろうけどね。端的に言うと、『今我々が使っているコンピューターや、AIの基礎を作った人』で、我々は未だにそれを使ってる。て感じの人。ちなみに両者共映画になってる笑ジョン・ナッシュはラッセルクロウのビューティフルマインド。ノイマンはスタンリーキューブリックの『博士の異常な愛情』。人間的に強烈で、インパクトあるのはノイマンかなぁ、、年代も割と被ってるよ。アインシュタインとノイマンがチーム組んでた事もあるし。まあ2人共、特にノイマンは『数学者』並びに『経済学者』って感じかね。『社会科学』ってやつさ。

  • 4.00

    事実と違うので

    塩化鉄

    ベースは「夫婦愛」の物語ですね。ノーベル賞受賞者だからテーマに選ばれたわけで。だから事実と違っていることがかなりのマイナスになる。むしろ完全にフィクションであるほうがよかったがなあ。それでも「暗号解読」の任務から入っているのはなかなか魔物。それがどこまで事実化は分からないが、少なくとも病気か否かわからない状態で展開していくのは引き込まれた。仮にフィクションであれば、あの医者たちはソ連のスパイだろう。そうやって派手なアクションが展開するという趣向となる。それはそれでエンターテインメントとしては面白いが、丸っきりの絵空事と思うと途端につまらなくなる。この映画は事実とは異なる部分が多く、それが夫婦に関することだったりするのでその点は興ざめしかねないが、「統合失調症」について取り上げたところは評価できる。最終的には美談でめでたしめでたしになっているのが引っ掛かるが、映画なんだから製作者の好みがそうだったのだと割り切ろう。ただ、年利医やなんかがちよっとね。二人が出会ったとき、年齢はいくつだったのかよくわからない。1947年の段階でみんな結構な年齢にみえたけどな。

  • 5.00

    客観的に見える世界と主観的な認識と

    akondo4

    身の回りで日常的に起こっている、自分が「客観的な事象」と捉えている事象、誰もが同じように見て感じているであろうと勝手に思ってますが、結局は自分の主観を通して認識しているに過ぎません。この映画の主人公の捉えている世界ほど極端ではなくとも、この世界の捉え方は皆一人一人少しずつ違っているのだろう、ということがありありと感じられました。この生々しさは、文字だけからはとても感じることができないものだと思います。

  • 5.00

    変わり者の希望の星

    善良ユーザー

    変わり者は除け者にされやすいが、全ての変わり者がこの映画の主人公みたいに、相対的にも秀逸な才能を持ってるからと仲間に入れてもらえるわけではない。さらに、その持ち主への偏見を助長される描き方をしているようにも感じる。しかし、誰しもが自己に秘められた才能を磨き合わせたら、どんな世界が出来上がるのか、知りたくなるようにも感じた。

  • 4.00

    あまりに幻影時代が長く,そちらがリアルだと信じたくなった。

    dreamer

    終わりよければ全て良し・・・とはよく言ったもので,この映画の最終結末は,見事に晴れやかで,この孤独に苦悶し続けた天才数学者を心から祝福したくなりました。 ただ,ひとつ悩ましい印象が視聴後も尾を引いています。それは,暗号解読のために徴用されて,実績を残したという冷戦時代の彼の仕事ぶりが,それこそ,あまりにリアルに描かれ過ぎていて,私には,幻影だとは思えなくなってしまったのです。 その印象は,胡散臭い精神科医の登場によって強められてしまいました。だって,あれは明らかにソ連か,アメリカの諜報機関に雇われた悪徳医師の顔ですから・・・。 そういうわけで,かなり終わりの方まで,愛妻が全ての事実を解き明かし,妄想に囚われていたという軍によって仕組まれた夫に着せられた濡れ衣を彼女は引っぺがして,名誉回復の裁判を起こすのではないかと期待してしまったわけです。 たしかに,愛児の浴槽シーン(ネタバレを避けるために詳述しない)からは,妄想に苦しむ主人公の「妄想」は,ほんものの「妄想」なんだと思えては来ましたが・・・。 登場した俳優は全員,とても巧かったし,素晴らしい映画なのですが,あまりに幻影時代の描写が長く続き,執拗でしたので,そちらをリアルに感じさせてしまうストーリーです。その点をどう評価すべきか・・・大絶賛するのはすこしだけ躊躇してしまいます。

  • 4.00

    統合失調症の人を理解出来る様になりました。

    川島京子

    統合失調症の人は 幻聴、幻覚には耳を傾けず無視し続ける事が、病状を重くしないと言う方が良く分かりました。

  • 5.00

    美しい

    Amazon カスタマー

    とても良かった。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

スクリベット

スクリベット

プラスティリベットPlastirivet

特徴

パネルを取り付ける樹脂リベット。
・抜去力が高い。
・取付状態でぐらつきがない。

FEATURES

Plastic rivets for panel attachment.
・High retention force.
・Firm when attached.
取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001