Veterans National ピンバッジピンバッジ Awareness iron/sew Veterans All Honoring Patch Ride メンズアクセサリー ブランド品専門の

ROADREADY (ロードレディー) 17インチ エフェクターボード RRGP17,
  1. ホーム
  2. メンズアクセサリー
  3. Veterans National ピンバッジピンバッジ Awareness iron/sew Veterans All Honoring Patch Ride

ピンバッジピンバッジ National Veterans Awareness Ride Patch Honoring All Veterans iron/sew ブランド品専門の

ピンバッジピンバッジ National Veterans Awareness Ride Patch Honoring All Veterans iron/sew
ピンバッジ National Veterans Awareness Ride Patch Honoring All Veterans iron/sew on & pins
National Veterans Awareness Ride Patch Honoring All Veterans iron/sew on & pinsカテゴリピンバッジ状態中古・新品※お問い合わせください。発送詳細全国送料無料商品詳細輸入商品の為、英語表記となります。Condition: New: A brand-new, unused, unopened, undamaged item (including handmade items). See the seller's ... Read moreabout the condition※以下の注意事項をご理解頂いた上で、ご購入下さい※
■商品の在庫は常に変動いたしております。ご購入いただいたタイミングと在庫状況にラグが生じる場合がございます。
■商品名は英文を直訳で日本語に変換しております。商品の素材等につきましては、商品詳細をご確認くださいませ。ご不明点がございましたら、ご購入前にお問い合わせください。
■商品購入後のお客様のご都合によるキャンセルはお断りしております。(ご注文と同時に商品のお取り寄せが開始するため)
■お届けまでには、2〜3週間程頂いております。ただし、通関処理や天候次第で遅れが発生する場合もございます。
■輸入品につき、商品に小傷やスレなどがある場合がございます。商品の発送前に念入りな検品を行っておりますが、運送状況による破損等がある場合がございますので、商品到着後は速やかに商品の確認をお願いいたします。
■商品説明文中に英語にて”保証”に関する記載があっても適応されませんので、ご理解ください。なお、商品ご到着より7日以内のみ保証対象とします。
■商品の破損により再度お取り寄せとなった場合、同様のお時間をいただくことになりますのでご了承お願いいたします。
■海外製品の輸入代行も行っておりますので、ショップに掲載されていない商品でもお探しする事が可能です。


  • 5.00

    忘れられない名作

    KAORI

    残念ながら、映画館では観る事が出来なかったのですが何度かレンタルで観ていて、先日ホイットニー・ヒューストンの曲を聞いていて猛烈にまた観たくなって購入しました。本当に心に残る素晴らしい曲と内容の映画だと思います。

  • 3.00

    Whitney Houstonの歌で最後まで観れる

    あんこ

    Whitney Houstonの歌で最後まで観れました。ただ、それで保てたって感じで、内容は特に印象に残りませんでした。”I have nothing “ と”I will always love you “がこの映画のOSTというのは初めて知りました。

  • 4.00

    クロサワ趣味の脚本家によるハーレクィンロマンス系スリラー。

    tomomori

    本作がベタな駄作なのは言うまでもないのでそこら辺グダグダ言うのはナシにして、しかしアテクシはこーゆーベタさが嫌いではない。娯楽作品は美男美女揃えて派手にやって頂きたい。蛇足ながら、アテクシ鑑賞中に我がニャンコが横にペタリと座りこっちをジーーっと見てくんので思わず軽蔑されてんのかと。や、猫相手に言い訳する訳ではないけど、こういうコソバユ系生きるヨロコビ文化圏は人間には大切なんですよ。ただコレが二時間以上ってのは今の感覚だと割とあり得ない長尺。1時間45分で十分ですがな。しかし要はホイットニー・ヒューストンを眺めるだけでよろしいではって一本です。別に下手な演技ではない思います。上手くもないですけがそこそこ有能にやってらっしゃる。ニカっと笑うと百万ドルの笑顔のホイットニー・ヒューストンにはやはり華があります。抜群のブロポーション、どこまでもカッコいい歌唱中の立ち姿。今だって珍しい「黒人女性と白人男性のカップル」が難なく受け入れられたのはホイットニーがそこまで大スターだったいうこと。そしてホイットニーが何故にそこまで大スターだったかは本作を見れば分かります。黄金の歌唱力は言わずもがな、実にチャーミングな存在感です。最近、ホイットニーの元恋人だった女性のホイットニー回想録を読みまして、『ボディガード』が意外にもホイットニーの人生を映していたことに驚きました。輝かしいスーパースター生活の中で「取り巻きの誰を信用していいか分からない」状態だったこと。実際にホイットニーの「ボディガード」役だったと言える女性の恋人がいたこと。そして現実ではその女性はホイットニーを守り切れなかったこと。立ち向かわざる得なかった事情が作り話の世界のそれより遥かに複雑だったこと。回想録によると、ケヴィン・コスナーは大変な好人物だったそう。キスシーンでは舌を入れないでと言うホイットニーのリクエストをしっかり守り、両者とも教会育ちで自力で立身出世した身ということで気の合う部分が多かったそうです。以上、ホイットニー・ヒューストンを偲ぶ一作ということで、四つ星。

  • 5.00

    やっぱ良い映画だね

    Amazon カスタマー

    リアルタイムでデートで見た映画w今でも他の映画と比較しても遜色ないね。映像的にはちょっと荒いのが難点かもしれないが。最後のシーンで背後にひっそりと立つボディーガード姿がちょっとカッコよく見える(^o^)b

  • 3.00

    2大スターの共演という熱に浮かされた状態でないと鑑賞に耐えない作品

    きんどるばんどる

    当時大スターだったケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演し、1992年の映画の中で2番目となる全世界4億1000万ドルの興行収入を稼ぎだす大ヒットとなった作品。WikiPediaによると本作品は「ロマンティック・サスペンス」ストーリーとのことで、恋愛とサスペンスの二大要素で出来ている。しかし実際に鑑賞してみるとシナリオが雑すぎて、サスペンス要素の方はともかく恋愛要素の方はちょっと厳しい。「依頼主とボディガードの間の禁断の恋」という設定だけは最高に期待させてくれるのだが…。初対面のウマが合わない感じからベッド・インするまでが早すぎるし、翌朝になって「クライアントとこのような関係になるのは間違っていた」というのも唐突だ。やり逃げかw!その後ホテルのチャリティーコンサートで蜜月関係に戻ったと思ったら、アカデミー賞受賞式ではまた喧嘩。この2人は学習する事を知らないのか。フランクが終始無表情なのもラブストーリーとしては良くない。ボディガードの仕事に徹するためという演技なのだろうが、レイチェルに対する気持ちが全然伝わってこない。意味が分からないシーンも多い。レイチェルの車を尾けてきたトヨタ車をフランクが走って追いかける意味は?ホテルのバックヤードをパトロールするシーンで態度の悪いスタッフをいきなり殴りつけるのは何?ただの八つ当たり?相手も棒切れを振って応戦してきているのも意味が分からない笑。キッチンで殴りかかってきた大男のトニーを、よそ見しながら軽く返り討ちにするのも現実離れしている。冴羽獠やマスター・キートンくらい強い笑。実写で漫画みたいな事をしないでくれ。90年代ってこんなノリだったかな?本作品は2大スターが共演するところにこそあり、細かいツッコミは野暮かもしれないが、そのどちらもあまり魅力的に思えない私はどうしたらいいだろう?ケビン・コスナーは田舎くさいオッサンにしか見えないし、ホイットニー・ヒューストンの愛嬌や歌唱力もそれほどとは思えなかった。

  • 4.00

    The greatest

    ZAZA

    偉大なスター達ホイットニーヒューストンやマイケルジャクソンショーン・コネリーなど真に偉大なアーティスト達がもう見れないのは至極残念です

  • 4.00

    ケビン・コスナーがカッコいいだけ

    yukikana

    劇場で上映された当時の高校生の頃観に行った映画で、懐かしくてもう一度プライムで観ました。2021年現在観るとちょっと会話が薄っぺらで、ただただケビン・コスナーがカッコいいだけの映画に見えてしまいました。高校生の頃観た時は凄く良かったのに…。

  • 4.00

    良い映画ですね。

    おかわりください。

    20代に見た映画も今50代今見てもクオリティーは落ちてないですね。

  • 4.00

    真の男らしさとは

    やすひろ

    1992年の公開当時、鉄板のデート・ムービー(笑)でした。人気歌手であり女優でもあるスーパースター、レイチェルに振り回される展開。プロ中のプロでありながらクライアントに惹かれてしまうボディガード、フランク。正直、脚本は詰め切れていない部分もありますが、そんな事はどうでいいと思えてしまうのは、ケヴィン・コスナー演じる主人公の存在感でしょう。有能で、寡黙で、頼りがいがあって、過去に対する後悔に苛まれている男。女性が惚れない訳がありません(男目線で御免なさい 謝)日本なら高倉健さんのイメージでしょうか。因みに、レイチェルの邸宅は、「ゴッドファーザー」でも例の「馬の首」の場面(怖)のロケ地に使われた「ビバリー・ハウス」(ハースト・ビバリーヒルズ・マンションとも)ですね。主題歌を筆頭にホイットニー・ヒューストンの曲が数々フィーチャリングされていますが、中でも「Run To You」が印象に残りました。本編でも短い時間ながら、主人公が彼女に強く心を動かされる場面で流れています。「貴方に、私の心の痛みを知ってほしい。貴方の元へ、駆けてゆきたい。貴方の腕で抱きしめて、私を守ってほしい」この稀代の歌姫がそんなパートナーと巡り逢えていたならと、つい思ってしまいました。真の男らしさとは。僭越ながら、一人の男としてそれを改めて考えさせられる映画です。

  • 3.00

    曲は素晴らしいけど…

    あいうえお

    めちゃくちゃ評価は高いですが、ボディガードとしては三流以下ですよね…w超優秀なボディガードとして雇われたのに、周りとの連携全く取れない時点で断りますよね。そしたら物語として始まらないから仕方ないんですけどwやはり、絶対に恋愛関係になってはいけない関係というのが燃えるんでしょうね。90年代の映画って結構設定に無理があるのがやはり少し残念かな。良いところとしては、孤軍奮闘するケヴィンコスナーのかっこよさ、そしてなによりホイットニーヒューストンの歌声、名曲ですね。これだけでも見る価値ありますね。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

特徴

パネルを取り付ける樹脂リベット。
・抜去力が高い。
・取付状態でぐらつきがない。

FEATURES

Plastic rivets for panel attachment.
・High retention force.
・Firm when attached.
取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001