(2019モデル) 100H TW タトゥーラ 19 ベイトリール :ダイワ(DAIWA) 1 リール 【誠実】

3袋セットロイヤルカナン 食事療法食 猫用 腎臓サポートセレクション ドライ 2kg,
  1. ホーム
  2. リール
  3. (2019モデル) 100H TW タトゥーラ 19 ベイトリール :ダイワ(DAIWA) 1

1 :ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100H (2019モデル) 【誠実】

1 :ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100H (2019モデル)
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):67
ギア比:6.3
自重(g):195
最大ドラグ力(kg):5
標準糸巻量 ナイロン(lb-m):14-115、16-100
ハンドル長さ(mm):90
ベアリング(ボール/ローラー):7/1
ハンドルノブS交換可
ソルト対応
2-5営業日以内に発送いたします!当店は様々なプラットホームで販売しており、マルチチャンネルという業者向け配送代行サービスを利用しております。他販路の箱で届く場合もございますのでお受け取りをお願い致します。1 :
  • 3.00

    主人公の周りで人が死にすぎ…。【ネタバレあり】

    伍郎衛門

    宇宙の果てで死んだはずの父親が生きていた!!!主人公役にブラット・ピット、父親役にトミー・リー・ジョーンズ!!!面白くない訳がないはずですが、見終わっても爽快感や感動がありません。何故かって?それは、人が死にすぎるからかなと思います。まず、火星出発基地に行く最中に家族思いなリーダーをメインとした護衛が全滅。『スペース・カウボーイ』じゃん!と感動したドナルド・サザーランドは緊急搬送。火星まで一緒に同行した一行も正当防衛とは言え全滅。挙句の果てに、父親までも反乱分子の暴走?とは言え、乗組員を全滅させていた始末。主人公の感受性の無さを強調したかったのか、はたまた感受性を取り戻させる為の演出だったのかは不明ですが、見てる方からしたら、引きます。そして、何故主人公は地球帰還後に捕まってないのかと言えば、そもそも超極秘任務だった為、罪状が表沙汰にならないよう罪には問われなかったのかとは思います。結局は父親もヒーローのままなんでしょうけどね~。そこらへんもモヤモヤが残る。総評すると90年代なノリなので、好き嫌いが分かれそうな作品です。が、キャストが豪華なだけに非常に勿体ない!!!

  • 4.00

    気が付くと自分が子供のころの親の年齢を迎えている感覚

    TO.T

    知的生命体とのコンタクトの可能性を求めて太陽の影響を受けない深宇宙への探査作戦に船長として参加し行方不明になった父を持ち、自分も父の後を追うように同じ道に進んだ宇宙軍所属の主人公。ある日、成層圏に達する軌道アンテナの整備任務中に地球を襲った宇宙からの強力なサージ(電流)により地表に落下、しかし鉄の精神によりきりもみ状態に陥っても冷静に姿勢コントロールとパラシュート降下を行い、事なきを得る。そんな彼に軍から下された極秘の指令は火星の通信施設に赴き、世界中で犠牲者を出したサージの原因と考えられる宇宙の彼方へ消えたはずの父親と交信し、その暴挙をやめさせることだった、というお話。酷評が上位に来ていたり他の口コミでも今一つ評価が良くなかったりしていましたが、ハードルが上がっていなかった分そこまでひどい作品とは思いませんでした。多分宇宙SFに期待するものとのズレのせいなのかな。歴代スターウォーズや新しいスタートレックのような娯楽方面が強い作品や、宇宙の旅のようなハード系のものや、インターステラーのような宇宙や時空間への解釈やアプローチをするタイプなどいろいろあるけれど、わかりやすい初心者向けだがハード系SFっぽい立ち位置なせいで、「コレジャナイ」と両者から叩かれることになってしまったような。この辺は商業作品なので、難しいでしょう。2xxx年宇宙の旅が今公開されていたら、現在の評価を予想させるほど興行収入が伸びただろうか?と考えると、正直厳しいと思います。多くの人が「よくわかんね」で叩いていたかも。作中で父親と再会するまで主人公に起きたことは、演出や脚本の是非はともあれ『かつて父親が体験したこと』を主人公に追体験させるためのものと考えられます。月でのことは人類圏が月に到達しても、一歩宇宙に踏み出せば地球の秩序や法の影響が希薄であること、効率的な進言を無視して規則通りに救助に向かったため犠牲者を出し、トラブルに対処できず危うく火星に墜落しかけるわかりやすい無能クルーは、『職業軍人』として任務に臨む主人公と『技術屋・学者』としてルーチンをこなす人との違いを主人公に印象付ける。主人公とすれ違った無能船長代理が呼びかけを無視したのは『彼の父親を核攻撃で墜とす』という任務をすでに受領していたことからの行動と読める。結果的に主人公は真実を知らされ、「自分がやるほかない」と命令を無視してしまうわけだけれど、交渉の余地なく拘束しようとしたが宇宙船の加速で事故死した女性隊員、彼女を見て激昂し主人公の抹殺という感情まかせの行動に出る男性隊員、慌てて船内で銃器を使い配管を破損させ男性隊員もろとも窒息死してしまう無能船長代理。イレギュラーが自分だったとはいえ、主人公が望んだわけではなかったがある種自業自得で他の乗員が死んでしまった状態で、長い孤独と任務の継続を実行する主人公。もともと父親を失ったことで「任務に理想的な軍人の自分」と「誰とも人間関係を築けない孤独な自分」に乖離していたところはあるけれど、深宇宙で本当の孤独を味わい、宇宙の果てで老いた父と再会する。それは今のまま進んだ自分、あの時宇宙船に乗りこまず命令のまま帰還した自分の未来を写す鏡のようだったのではないかな。だからここに至る長い年月での父親の心情、父の繰り返す『Let me go...』の意味、行かせてくれ、俺を解放してくれ、という絞り出すような声を誰よりも深く感じ取ってその声の通りにしたのだろう。ラスト、父親と違う生き方を選び、その呪縛から解放されたように見える主人公の姿で終わらせる。ハードSFのリアリティだけを追求するなら「あれで帰還できるわけない」とか「軍法会議で一生拘禁か機密保持のために抹殺だろ」になるのでしょうけど、商業映画ですからね。ハッピーエンドをにおわせる『めでたしめでたし』で良いのではないでしょうか。トータルで、娯楽要素を取り入れた近未来宇宙SFとしてそこまで悪くない作品だと思いました。宇宙に行かずとも、自分の年齢が、自分の父や母が自分を産み育てていた年齢やそこに近づいていること、ともすればそれを追い越していること気づくことがあるかもしれません。独立してわかること、結婚してわかること、父親になって、母親になってはじめて察することのできる、あの頃の親の立場や気持ち。宇宙というデカすぎる舞台装置にばかりに目が行きそうですが、その中で人と人がつながり、生きてゆくことに目を向けた作品だったと思います。

  • 3.00

    近未来の宇宙探査

    アマ・チュア

    近未来の宇宙探査の宇宙船や機器が作り込まれているところがすばらしい。時代背景の設定や地球外での活動、組織などもよく描かれていると思う。そういったしっかりした背景に物語がうまくかみ合っているかというとそういうわけでもないようだ。同じような地味な話を盛るなら、基地建設の物語だとか、惑星探査、警備の話だとかいろいろありそうなものだと思う。宇宙の雰囲気に浸る目的なら、十分な映像かなぁ。

  • 3.00

    テーマは父子ではなく人類全てが抱える孤独と自滅傾向ではなかろうか

    Lemonade4you

    開幕の、小汚さすらあるリアルな室内から見た事のない風景への展開。ピンボールマシンまである生活空間の隣にエアロックがある。最初の引きが素晴らしい。話の規模は思ったより大きいのだけど、独特の映像感覚で不思議な懐かしさと妙にしっくり感のある表現になっている。60年ぐらい前の作品を80年代に映像化した感がとてつもなくたまらない。ロマンの介入を許さない現実的で微妙に古臭い建築や車両や生活空間。月はほとんど地球で、逆に火星は余りにも人間向けではない。寂寞で、荒涼としている。主軸には『宇宙域での人間の精神、心の有り様』が据えられている。信仰が彼らを守っていたり、頻繁な心理調査で精神的に安定しているかどうかが試される。これもまた寂寞で、寂寥としている。ブラッド・ピットの抑えた演技は、年齢と経験を感じる。作り笑い、渋さを蓄えた静かな感情表現。トミー・リー・ジョーンズの演技も相変わらず神懸っている。あくまで静かな狂気、孤独、そして疲労。その映像・心の有り様のおかげで対比された地球はより豊かで美しいと感じられる。しっかりと作られた作品だとは思う。エンタメとしてどうかは別として。ただストーリーに関しては最後の辺り、キレイにまとめすぎな気もする。地球の自然と、地球の愛すべき人たちに想いを馳せるだとかだけでも良かった気がした。

  • 3.00

    人は孤独では生きていけない。

    Wataru

    孤独は身勝手な生き方?

  • 3.00

    宇宙モンキー!!

    EZBZ

    個人的おもしろポイント!①宇宙モンキーわざわざ宇宙まで行って動物実験?をしている宇宙船。そこに潜む無重力をものともせず襲いかかってくるヒヒっぽい猿。クルーが何人いたかは分からないけど、まさかあの猿に全滅させられてしまったのでしょうか? 事前情報なしで観たので、SFホラー的な映画なのかと勘違いしました!②全然安息できなさそうな安息室四方にナショジオ的な映像が投影された謎の空間。あそこで安息できる奴いるのか?と思わなくもない。③無重力CQC本作の見せ場っぽい宇宙船内での格闘シーン! 格闘はともかく、漏洩したら即死するような劇物をあたりまえのように船内に置くのはやめておけ! われら日本人の血を引いているであろうクルー、ヨシダさんの善戦には心が震えました。④核爆発で加速!!このままだと燃料が足りない!みたいな描写もないのになぜか核爆発の勢いに乗って帰ろうとするブラピ。早く帰りたかったのでしょうか? 機体が損傷するリスクの方が大きそうなのでやめといた方がいいような気がするぜ…いろいろ書いたけど、映像は綺麗だし、月に行ったり火星に行ったりで宇宙描写としてはひとまず満足です。ただ、『2001年宇宙の旅』ほどのロマンもなし、『ゼロ・グラビティ』のような息の詰まるような宇宙の過酷さもなしで、全体の感想としては「地球でやれ!」という感じでした!!

  • 3.00

    小ネタ2点

    らんらんるー

    この映画の近未来SFと若干のディストピア要素はただのエッセンスです、親への愛や渇望、人間愛、孤独や精神なんかの割とありがちなテーマを描いています。内容は映画レビュー慣れしてる方が上手に感動させる文章を書いてくれると思うので私はここ注目して見ると理解してないより面白かったりすんなり納得できるよって点を書きます。1つ目は序盤のシーンで主人公のロイ(少佐)が男性准将、男性中将、そして翻訳字幕では「副将」となっている黒人女性の将官から作戦説明を受け任務を打診されるシーンです、紹介シーンが厳密には誤訳です。Adjutant generalを直訳で副将軍と訳したのだと思いますが、米軍のAdjutant generalは階級ではなく役職名の様なものです。副将軍として紹介された黒人女性の階級章を見るとわかりますが、彼女は少将でありAdjutant generalは総務の責任者、つまり部隊の総務責任者で副官を意味します。「安全保障担当副官のヴォーゲル少将」と紹介されるのが正しいと思います、副官で総務責任者なので資料の提示と説明までは会話に絡んでこないわけです、居るのに全然話さないから不自然に思うと思いますが総務の責任者という事を理解してるとしっくりくると思います。2つ目、宇宙服のヘルメットです。SF映画の宇宙服ヘルメットというのは実は凄い製作者泣かせの困りもので有名です。リアルにつくると大きな古い金魚鉢の様な球体になるため撮影者やカメラ等の機材が映りこんでしまいます。透明なポリカーボネートのヘルメット本体の上に金を蒸着したサンバイザーがつくのですがこれもリアルに再現すると映り込みが凄い上に何と役者の顔が全く見えなくなります。大抵の映画でヘンテコなオリジナルヘルメットにされているのはこういった理由があります。この映画では妥協せずリアルな形状でやっています、何気ないシーンですが映り込んだカメラ等を画像処理で1カットずつ消したり、メットに映り込む船内画像等はすべて後付けで加工されていると思います、気が遠くなりますね、美しいので是非見てあげてください。映画本編に関係ないくっそどうでもいい内容ですが見るときに注目して見てみてください。ロイに対して父は「ロイ」としか呼びかけていなかったのですが「son」って呼びかけるシーンがあるんですよね、だからロイはあそこで気持ちが変わりああしたわけです、そこもちょっと見てほしいですね。

  • 3.00

    これはSFの「地獄の黙示録」です。

    ティア

    評価がバラバラなのは、この映画の印象が捉えどころの無い点にあるんでしょう。これは「地獄の黙示録の後半部分」と思うと分かりやすいかと思います。狂気に走ったのではないかと思われているカーツ大佐役がトミー・リー・ジョーンズ。それを殺害せよと命令されているウィラード大尉役がブラッド・ピット。こう捉えると、目的地に着くまでの他宇宙軍乗組員とのいざこざや、「おさるさん」とほのぼの指摘されている野生のシーン、到着するまでのブラピの推測や回想、内面の探求が分かります。「地獄の黙示録」で後半が不人気だったそうですが、その原作は、アフリカで消息を絶った人を探すために川を遡る話です。つまり、その原作に近い形をSFで表現した作品です。原作のアフリカや「地獄の黙示録」でのアジアの異文化体験が、ここではつまり宇宙体験になっているわけです。「なんじゃこれは」と思う人は、「地獄の黙示録のカッコいい(実は狂気を表している)ヘリ攻撃みたいな派手さがない」からなんでしょう。そういう映画ではないと分かって観ると深く楽しめるのではないかと思います。

  • 3.00

    圧倒的な映像美で描く無茶苦茶なストーリー

    にゃもち

    この作品の良いところはとにかく映像が綺麗であることです。冒頭のシャトル打ち上げ、月面基地、深宇宙の描写などをしっとりと重厚感のある雰囲気で描いています。反面、ストーリーは科学的におかしな部分から文学的におかしな部分まで、とにかく無茶苦茶です。下手な脚本を最大限美しく描いた結果なのかな・・・という感想です。映像を楽しみたい方にはおすすめです。

  • 3.00

    見どころはブラピオンリー。

    KO

    遠い未来の地球・・・時代考証はどうでもいいとして、こころが死んでいる青年、いやもう壮年期の男性だが彼がどうしてそうなったのか、父に会いに行くことでそれがわかってくる。宇宙を舞台にする必要があったのかと言われたら「ない。」(笑)ただブラピの微妙な変化 だんだんと人間的に解放されていく姿を観る価値はある。心拍数が上がらない すなわち感情が死んでいる彼が、だんだん血の流れた人間になっていく。宇宙は静かで孤独 何もない。そこから地球の緑へ戻るかのように。トミーリーとブラピの手が触れるとき、得も言われぬ感慨深さがあった。生きていること それは温かいいのちに触れること。感情を揺り動かし、愛することなのだ。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

特徴

パネルを取り付ける樹脂リベット。
・抜去力が高い。
・取付状態でぐらつきがない。

FEATURES

Plastic rivets for panel attachment.
・High retention force.
・Firm when attached.
取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001