ドルフィンウェッジ ロブ キャスコ(Kasco) ブラック DW-11 メンズ スチール 950GH N.S.PRO ストレートネックタイプ クラブ(メンズ) 【逸品】

JDAT95CL :シャープ 電話機 コードレス 子機1台付き 振り込め詐欺対策機能搭載 JD-AT95CL,
  1. ホーム
  2. クラブ(メンズ)
  3. ドルフィンウェッジ ロブ キャスコ(Kasco) ブラック DW-11 メンズ スチール 950GH N.S.PRO ストレートネックタイプ

キャスコ(Kasco) ロブ ドルフィンウェッジ ブラック ストレートネックタイプ N.S.PRO 950GH スチール メンズ DW-11 【逸品】

キャスコ(Kasco) ロブ ドルフィンウェッジ ブラック ストレートネックタイプ N.S.PRO 950GH スチール メンズ DW-11
【商品名】
 キャスコ(Kasco) ロブ ドルフィンウェッジ ブラック ストレートネックタイプ N.S.PRO 950GH スチール メンズ DW-11

【商品説明】
 ・クラブ長さ:35インチ
・グリップ:オリジナルラバーグリップM58F R
・ロフト角:60度
・バウンス角: トゥ:0 センター:7 ヒール:3
・トルク:2.0
・番手:60度
・クラブ重さ:446g
・ライ角:63.5度

【サイズ】
 高さ : 5.99 cm
 横幅 : 11.99 cm
 奥行 : 110.01 cm
 重量 : 500.0 g
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。サイズ
高さ : 5.99 cm
横幅 : 11.99 cm
奥行 : 110.01 cm
重量 : 500.0 g ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。 クラブ長さ:35インチグリップ:オリジナルラバーグリップM58F Rロフト角:60度バウンス角: トゥ:0 センター:7 ヒール:3トルク:2.0番手:60度クラブ重さ:446gライ角:63.5度
  • 3.00

    テレビ番組の方が面白い

    yutaka

    綾瀬はるかを活かし切れてない。

  • 4.00

    In search of“The Searchers”

    Edipo Re

    ずっと気になっていた一本だった。というのも、わが偏愛の作品であるアルフレッド・ヒッチコック「めまい」との関わりのせいで。いや別に両作の作品それ自体に何の関連性もない。ただ、いずれも発表当時はさほど高評価でもなく、アカデミー賞も小さい賞いくつかのノミネート止まり。ジョン・フォードとヒッチコックのフィルモグラフィーでもさして重要な作とは目されていず、AFI(アメリカ映画協会)アメリカ映画ベスト100でも’98年版で本作が96位「めまい」が61位といった評価だったのだが、’07年版では12位と9位と目立った躍進を遂げた点に注目したのだった(ちなみに同様のランクアップをしたもう一本はチャールズ・チャップリン「街の灯」の76位から11位)。つまりは’50年代の作品でありながら、今世紀になってから評価が俄然高まったのである。「めまい」については’84年のリヴァイヴァルで初めて観る機会を得てからずっとわが内なるランキングのトップテンに位置し続けているのだが、さて本作の評価は如何に?期待と不安と半々でオープニングを見つめた。結論としては、フォード作品としては佳作止まりといったところだろうか。オープニングとエンディングの相似形から描き出される主人公の寄る辺無さは的確に表現されているが、ラストの全身に悲哀を漲らせて立ち去る姿は「シェーン」のアラン・ラッドに及ばない。とはいえジョン・ウェインは好演で、南北戦争時のエピソードが描き込まれていたらより説得力が強かったか。ジェフリー・ハンターも熱演で、ヴェラ・マイルズにナタリー・ウッドも花を添えているが、ワード・ボンドの牧師兼隊長は必要欠くべからざる存在だがラスト近くの名誉の負傷ネタは蛇足かと。キャメラが捉えたテキサス?の風景は、デイヴィッド・リーンが「アラビアのロレンス」の参考にしたそうだが、マックス・スタイナーの音楽は主題歌ともどもいささか平板の憾み無しとしない。また良く見かける弊だが’50年代作品の先住民の描き方を今の時点で云々するのはお門違いだろう。良くも悪くも時代背景を反映しているわけなのだから。フォードの演出は安定した堂に入った仕事だが、本作にかけた熱意がもう一つ伝わりにくいのは何故か。まだまだ’60年代にも多彩な仕事をしていただけに、衰えとは考え難いのだが。よりハードボイルドな仕上がりなら説得力は強かったかと思うのだが、そうなるとフォード作品ではないのかも。というわけで、未見の秀作に注いだ期待は半ばはぐらかされた感で。まあ掃いて棄てるほどある愚新作で時間を無駄に持っていかれるよりは当たり前ながらはるかに有意義な100分ではありました…。

  • 2.00

    内容大満足・・・DVD大幅カットで原点

    ちょい悪おやじ

    映画の内容は大変面白くさすが西部劇 ジョンウェイン残念なのは大幅カットされている点これでは面白さが半減それ以上本当に残念です安かろう悪かろう、最近のDVDはほとんどかこのタイプ残念です

  • 4.00

    充電のもちが△

    吉村

    夜の道を2、3回フル充電で走ったら電池が切れるので小まめな充電が必要かなと思いました。他は、十分先が見えるので安全に走行できます。

  • 5.00

    人間の優しさ

    KORO

    ジョン・ウェインが亡くなったニュースが報道された時テレビで放送され観た作品ですがやっぱり良い。の一言です。

  • 5.00

    この作品は実際の西部を見てるような、壮大なスケールをLaser Discで再現してます

    Dekiy

    作品は1956年から半世紀以上経てから、ホームシアターで鑑賞してますが、ジョン・ウェインと人の係わり合いに、感動をいただいた映画です。アメリカ西部開拓時代の人々が、どの様に生きたかの疑問が解けました。キャストは、それぞれの出演映画で記憶しております。最後にジョン・ウェイン氏は、働く姿で女性を虜にする器用さも持ち合わせています。

  • 5.00

    コスパ最強のライトとテールライトのセット商品です!

    asu

    ライトとテールライトのセット商品で一つ当たり1000円前後と考えるとてもお得です。どちらもUSB充電で便利です。明るさも眩しいと感じるくらいでどちらも通常点灯と点滅があります。センサーは搭載されていないのでスイッチ式です。接続もベルトとネジ式のクリップの両方付いています。ベルトの方が使い勝手が良いと思います。問題点としてはライトの方が少しバッテリーの持ちが良くないので4~5日に一度充電しないといけない点とテールライトのバッテリー残量が分からない点です。(ライトの方はバッテリー残量が少ないと赤くLEDが点灯する)ただ値段を考慮すればマイナス点も気になりません。買って損は無いと思います。あとサクラレビューのサイトで調べても問題無かったので☆5です。

  • 5.00

    人種差別を“異常なもの”として描き抜いた傑作

    すかあふえいす

    個人的にフォードの西部劇は「リバティ・バランスを射った男」が一番好きだが、この「捜索者」もフォードらしくないからこそ面白い。面白いのだが、引っ掛かる部分も多々あって好きになりきれない作品でもある。それは、扉を開けた瞬間からすべてが始まる。 暗い室内から明るい日差しの中に出てくる一人の女性、何かを待っていたかのように柱に寄りかかり遠くを見つめる。その後ろからもう一人誰かが出てくる。二人は何かを待っていた。地平線の向こうからやって来るものを。気付くと次々に飛び出してくる子供たちや犬は笑顔で帰還者を迎え、帰還者も馬から降りて静かに握手を交わし額に軽いキスをする。最初この映画は、帰って来た男とそれを迎え入れる家族との平和な一時をじっくり描いていく。不穏な存在を感じさせないほど…。子供を「たかいたかい」して再会を喜ぶ姿、馬から飛び降りて家に入る混血児、食卓を囲む賑やかな食事、勲章を見せてと子供にねだられる…でもイーサンは何処か馴染め切れない様子。イーサンの過去はほとんど語られない。悲惨な過去を他人に語らずに自分の中に押し込め、誰にも言えない孤独を抱え続ける。マーティンを家族として認めているデビーたちに対し、イーサンの過去をあえて描かないことで彼の人種への偏見が“異常なもの”として強調される。度々殴りつけることまでするのだから。以降、マーティンとイーサンの衝突は繰り返される。イーサンは戦争を生き残った英雄ではなく、死にぞこないの狂った男としの描写の方が強い。冷たい雪のように冷酷になっていくイーサン。フォードはそうやって今までの西部劇にはない作品を作ろうとした。人種差別主義者に「幌馬車」や「馬上の二人」「シャイアン」を撮れるワケが無いのだ。「死の谷」ラオール・ウォルシュや「流血の谷」アンソニー・マン、「ミズーリ横断」ウィリアム・A・ウェルマン、「アパッチ」ロバート・アルドリッチ等を除けば、フォードほどアパッチやコマンチといった異文明に共感を寄せていた監督もいなかっただろう。そういうフォードの本質を理解し、作品作りの手本にしたジョージ・ルーカスやスピルバーグ、セルジオ・レオーネ、ヴィンス・ギリガン、デヴィッド・リーンといった多くの娯楽映画の名手が成功したのもうなずける。平和な一時は、夜が明けた頃から不穏な空気が流れ始める。 牧師は武装して戦闘部隊を編成し、戦争帰還者を再び戦いの場へ誘ってしまう。刺された槍が示すもの、吹きあがる黒い煙が物語る死。凄惨な光景は徹底して映されない。それが想像力を掻き立ててはくれるが、あまりに描写されないのでもどかしさすら感じるほどだ。こうしてイーサンたちの旅が始まる。コマンチたちが白人に仲間を殺されてきた仇を討つように、イーサンもキリの無い復讐・負の連鎖へ。モニュメント・バレーの赤く乾いた大地のような厳しき自然、砂漠を照らす美しい夕陽も気休めにしかならない。険しい岩肌から流れ落ちる水を飲む場面のたくましさ。狭い空間から逃げのびた先に出て、負傷者のために水を運んでいたということが分かる場面。不穏な音楽も相まって、好きな場面の一つだ。マーティンは優しすぎるくらい良い奴なんだよなあ。家族の仇であるコマンチとの戦闘ですら、同じが血が流れているかも知れない彼等と殺し合ってしまう状況。一度顔を覆うようにふせてしまう姿が何とも言えない。あてもない「5年」という時は、イーサンだけでなくマーティンの時間すら奪っていく。そんなマーティンも徐々に捜索者として成長していき、イーサンの心も何処か揺らぎを見せる。戦闘はコマンチに何時の間にか両脇を挟まれ、河までの爆走から河を挟んでの銃撃戦といった一瞬の積み重ね。 砂丘から洞窟への全力疾走等、広大な砂漠で繰り広げられるスピーディーなアクションは素晴らしいのだが、真正面から撃ち合うだけであんな簡単に撤退するものなのだろうか。捜索隊との戦闘の時は援軍の可能性も考えて撤退したというなら分かるが、逃げ場のない洞窟の時はたった二人相手にアレだ。どうも俺には引っ掛かる(真っ先にスカーが乗る馬を撃つイーサンの命中率も異常)。イーサンの苛烈なやり方で徐々に仲間も減っていく。いい加減なことを抜かす坊主頭のオッサン(ハンク・ウォーデン)も、帽子が飛ばないようにタオルで結びつける牧師も、辛辣な空気を和ませようとする面々はどんどん。復讐のためとはいえイーサンの容赦の無さは狂気の沙汰。土中から掘り起こされた亡骸に馬上から鉛玉を浴びせたり 、退く者に殺戮を楽しむような笑顔で後ろから銃撃を浴びせたり(銃身を降ろさせる牧師との対比が強烈)。その後の負傷者たちを他所に、まだ撃ち足りなさそうにしゃがみ込みライフルに弾を込めている姿にはゾッとせざる負えない。さらに敵を騙すならまず味方からとマーティンすら騙して丘の下から狙撃、続けざまに三連射で残りを葬り去る。吐き出される薬莢!バッファロー狩りで弾丸が無くなろうがマーティンからライフルを奪ってまで執拗に撃ちまくる(八つ当たり)。「コマンチ共にくれてやるくらいなら俺がブッ殺してやる!!!」リチャード・ブルックス「最後の銃撃」を思い出す光景。ものだって投げつけて渡すがさつさ。 投げ渡される金、拳銃、地面にその銃を投げ捨てられ怒られたり、死ぬかも知れない旅を強行する姿にライフルを投げ渡され怒られたり(この時のプリプリ怒りながらも馬を引いてきてくれるヴェラ・マイルズが可愛い)、暖炉に酒を投げ捨て炎を燃え上がらせ、小石を投げた先から駆け込んで来るもの。ただ、イーサンは一見するとキチガイ野郎だが、本当は自分のせいでデビーが捕らわれてしまったという責任で自分を押し潰そうとしていた。 自分達が敵の罠に嵌ったせいで地獄を見せてしまった。元々混血児として育ったマーティンはともかく、物心ついた頃にはコマンチ族と同じ習慣の中で生きてきたデビー。果たして彼女は日常生活に戻っても以前と変わらぬ生活を送れるのだろうか。それとも差別に苦しむのではないか。イーサンが最初に彼女を殺そうとしたのは、そういった自責の念があったからなのだろう。砂上で拳銃を抜き睨み合う戦慄。撃鉄を起こし殺意を現す者、撃鉄を起こせず「やめてくれ」と懇願する者、思わぬ一撃と回転、ファニングによる三連射。フォードはそういった差別問題を後の「馬上の二人」でより詳細に描いた。「馬上の二人」は誘拐された子供に対して「違う子供でもいいから連れ戻して欲しい」となかば無責任に、興味本位に、10年という月日で社会そのものが諦めていたことを保安官に頼む「取り換え子(チェンジリング)」のような物語が展開される。そもそも、イーサンがただの差別主義者なら混血児のマーティンはとっくに殺されているだろうし(それどころか5年も一緒に生活を共にしていた)、他の部族たちとの公益なんてありえない。スカーたちと通じていると分かったからこそ襲ったまでだし(かといって蹴りを浴びせるのはやっぱやりすぎ)。男たちは、何度でも戻って来る。時間の経過を確認するため、誰も彼もが諦めても“奪われたら奪い返す”という意思を示すため(嫁になろうものなら殴り合ってでも)、憎かろうが愛しかろうが、年月を経てもう誰になっているのかさえ分からなくなっていようが、生きているというならもう一度会いたいために。敵地への潜入、一瞬で決着を付ける襲撃、馬が猛烈に駆け抜ける横移動、目的のものを執拗に追いかけ斜面を駆け下りて…高々と抱き合げ抱きしめ愛情が憎悪を上回る瞬間!父親の様に、母親の様に抱きかかえる。家族の一員になりたくてもなれなかった、何もしてやれなかった哀しみもあるのかも知れない。最後の最後まで葛藤を続け、瞬く間に決着をつけるような畳みかけが素晴らしい。デビーを演じたラナ・ウッド→ナタリー・ウッドへの繋ぎも違和感が無く自然なタッチで5年という時間を感じさせてくれた。男は、すべてを託し、異文明と生活をともにした者、異文明の血を引く者、それを迎え入れる者たちの架け橋的存在となって消えていく。 何も言わず、誰にも見送られることなく、独り寂しく、ひとりでに閉じられた扉の向こうへ。そこには敗者の姿しか無い。

  • 4.00

    マットで無骨な雰囲気が良い

    トッテイー

    初回充電はすぐバッテリーが切れるが2回目より今の所一週間は持っている状況。これが持続するなら文句なし

  • 4.00

    まだ途中経過ですが

    ユユ

    使用してまだ、数カ月ですが、今のところ何の問題もなく使用できております。なので、耐久性を問われるとまだ何とも言えませんが、毎日使用して2年くらいもったら良しとしようと思います。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

特徴

パネルを取り付ける樹脂リベット。
・抜去力が高い。
・取付状態でぐらつきがない。

FEATURES

Plastic rivets for panel attachment.
・High retention force.
・Firm when attached.
取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001