化学プロセスの熱的リスク評価 化学 【特別訳あり特価】

尾上製作所 セット マルチファイアテーブルII ブラック 中 + アイアンレッグHIGH IL-H,
  1. ホーム
  2. 化学
  3. 化学プロセスの熱的リスク評価

化学プロセスの熱的リスク評価 【特別訳あり特価】

化学プロセスの熱的リスク評価
(中古品)化学プロセスの熱的リスク評価
: 商品のブランド
【商品説明】
 
※商品状態の程度については記載の商品状態(やや傷や汚れあり、など)にてご確認ください。

●掲載されている商品写真はイメージ写真となっております。
外箱、説明書等は付属しない場合がございます。

●商品ページを作成する際にメーカーサイト等のコメントを引用している事がありますので
外箱、説明書等は付属しない場合がございます。
用途機能として最低限の付属品はお送りしております。

●イヤホン・カートリッジ・インクなど消耗品に関しましては基本付属していません。リモコン、ケーブル、BCASカード、カバー等は付属しない場合、純正ではない場合があります。また互換品の可能性があります。

●コミック、CD,DVDはレンタルアップ品の場合もございます。

●お届け:受注後に再メンテ、梱包します。発送は2日-7日営業日程度とお考えください。

※商品写真や説明文は代表的なものを掲載している為、状態が違う場合がございます。気になる方はお気軽にお問い合わせください。サイズ
高さ : 2.40 cm
横幅 : 15.00 cm
奥行 : 20.80 cm
重量 : 600.0 g ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。 本書は、著者の産業界における安全性評価の実践および学生の指導の長年の経験に基づき化学反応の制御喪失に起因するリスクの体系的評価や工業スケールにおける反応暴走の防止に関する技術について詳述されています。熱的リスク評価に関する理論的、手法的そして実験的見方を提供し、一方、工業スケールで用いられるさまざまなタイプの一般的な反応器に対する発熱合成反応を習得するための原理についても解説しています。各章はその章のトピックスに関連する事例紹介と事例から得られる教訓の記載のほかに例題と練習問題を設け、事例検討が十分なされる構成となっています。
  • 5.00

    面白かった!

    三頭筋

    原作と違う演出ながら良かった。

  • 4.00

    事実は小説よりも奇なり

    cecedece

    まず実話であることが衝撃である。そして、当時のニクソン大統領は、盗聴網を張り巡らせて政敵のみならずありとあらゆる情報を監視していた。そしてその証拠のテープを出しなさいと言われて、やっていたことを認めた上で「出すのはいや」と答える大統領も呆れるほど凄いです。こうなってくると「正義が勝つ」というような勧善懲悪の世界は吹っ飛んで、実に実戦にしぶとい「なんともいえない人格者」が勝ち残るんだという普通の人のモラル体系を根底から揺るがしてくれた偉大なる?大統領です。これがかのケネディ暗殺の黒幕であったという噂も消えない御仁ですから、もしそうであればアメリカ大統領史最大の偽善者ということになるんでしょう。話はそれましたが映画のダスティン・ホフマンとロバート・レッドフォードの格好は当時の雰囲気ムンムンです(さすがに古いです)。それと、かの「ディープスロート(えらい暗号ですわ)」の正体が先日公になったのでもう一度視点を変えて見てみるのも面白いと思いますよ。時間がたったら本当は私ですって名乗り出てくるのが日本にない精神的風土なんでしょうか。脱線ついでに、このウォーターゲートビルに忍び込んだ人物の1人は1963年11月22日にダラスにいたことが確認されてるんです。

  • 5.00

    陰謀をあばく若い二人の記者。ホワイトハウスとの攻防が面白い。

    ゲバジジ

    ニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウオーター・ゲート事件」をめぐる報道は我々世代はいまでも鮮明に記憶している。この作品はスクープをものにしたワシントン・ポスト紙の二人の若い新聞記者の活動を映画化したものだが、サスペンスとしても一級の出来だ(ボブ・ウッドワードはいまもワシントン・ポスト紙の幹部として活躍している)。大統領選挙にまつわる違法な情報収集、選挙資金などの陰謀を嗅ぎ付けた二人が内部情報をリークする「ディープスロート」と言われる政府筋の男から情報を得て徐々に核心に迫っていく。こうした動きを察知したホワイトハウスからさまざまな妨害や脅しを受ける。この辺りの攻防が面白い。事実にもとづいているだけにリアルで迫力がある。若い記者に扮するロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンもいいが、ポスト紙の主幹を演じたジェーソン・ロバーツが渋い。こうした調査報道における日米の違い考える上でもこの映画は面白い。

  • 3.00

    会社を背景にした時代劇ですよね、御前会議というネーミングにも。

    高山乃里子

    TBSが作ってますから、半沢直樹の土壌が2匹版でしょうか。可愛そうなのは主人公役の萬斎さん。声は通るけど、堺雅人さんとは役者の力量が違うし、お顔もハンサムじゃないし。よく引き受けましたね。もうこういうの、ひと時代前の感じですが、現実に隠蔽体質はあるのですから、組織の怖さはどこにもあるのでしょう。丸山真男がかって看破した蛸壺体質はありますから。もっと勧善懲悪じゃあない形にすると人気を取れないし、どうしたものでしょう。などと考えました。

  • 5.00

    NHK「慰安婦」番組改変疑惑、とのからみ

    labyrinthからの出発

    この映画は事実に基づいている。ニクソン第37代米国大統領は2期目の任期途中(1974年)に辞任した。その原因となるウォーターゲート事件を追いかけたワシントンポスト紙の当時無名の2若手記者の記者魂と行動力を描く。気が遠くなるくらい地道で根気強い調査や聞き取りと、権力から忍び寄る恐ろしい気配が見どころ。ホワイトハウス高官の流す非難と嘲笑に挑戦し、陰謀をついに証明したワシントンポスト紙は勇敢だ。さらにそれを映画にしたハリウッドもすごい。アメリカ合衆国憲法 第1修正〈信教、言論、出版、集会の自由、請願権〉が、まさに活きている。朝日新聞が平成17年1月12日朝刊1面記事で報じたNHK「慰安婦」番組改変疑惑事件を考えるとき、この映画が参考になるであろう。The pen is mightier than the sword.を実感できる2時間20分。

  • 5.00

    企業と個人の池井戸さくひんです。

    マシェラン

    半沢とはまた違った所の視点ではあるが、おもしろいです。そういえば、池井戸作品って同じ顔ぶれがおおいですね。

  • 4.00

    執念の取材

    cke62570

    小さな侵入事件を取材を重ねていき、ウォーターゲート事件として報道、ついに当時のニクソン大統領を辞任に追い込んだワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワードとカール・バーンスタイン記者。編集局長が二人に言う「報道の自由は憲法にも保障されたアメリカの自由の基本だ」というセリフが重く突き刺さる。ウッドワードは今でもワシントン・ポスト紙で現役のまま。情報源の秘匿は取材の基本。今でも報道番組に出演中、彼に重大な情報をもたらした「ディープ・スロートとは一体誰?」と聞かれてもシラを切っている。日本の報道機関も見習ってほしい。

  • 5.00

    類い希なリアリティー

    TOMO

    この映画の見所は、センセーショナルな話題をリアリティーのある映像で表現したことでしょう。ゴードン・ウイリス撮影監督の手腕によるところが大きいと思いますが、脇役たちも実に敏感な名優たちがずらりと揃い、主役の二人以上に雰囲気を出してこの映画を一級のものにしています。社会派ドラマを得意にしたアラン・J・パクラのおそらく最高傑作でしょう。無駄のないきびきびした編集、抑えの効いたデビッド・シャイアの音楽、今は懐かしいと思うタイプライターの音が、ジャーナリスト達の日常の効果音になっています。何度観ても飽きないと思うのは、私だけでしょうか。

  • 5.00

    140分があっという間。

    ジョセフィーン

    ラブシーンも、バイオレンスも、殺人も、はたやキスシーンもない。それにしてこの出来映え!レッドフォードとホフマンの熱演と、その脇を固める俳優たちの素晴らしさ!アカデミー賞の脚本賞を受賞している作品だけに、見ているほうに飽きを感じさせることはしません。 芋づる式につかまっていくという台詞どおり、ラストで一気に流れる原稿のタイプの音。その音の凄まじさが、次々と解明される事件の真相と相俟って、見事な演出をなしている。音楽といえば、ウッドワードがかける大音量のレコードのクラシックだけ。しかし、これだけの充実感。まったく、140分の作品の長さが感じられなかった。

  • 5.00

    社会派エンターテイメントとして秀逸な作品

    daijyobu

    米国の大統領が失脚したウォーターゲート事件。この大統領失脚の端緒を開いたのは、若手新聞記者の執念と新聞社をあげて彼らを支援したことであった。まさにマスコミが第三の力であることを示したのである。この事件をもとに作られた「大統領の陰謀」はロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが、執念の新聞記者を演じている。真実を知りたい、事実を報道したい、こういった新聞記者魂を淡々とそして、丹念に描いているのが印象的である。新聞記事が横並びになる傾向が強くなった現在、あらためて新聞記者の存在意義を確かめる点でも意味のある作品である。また彼らが着ている服装から、70年代のファッションも懐かしく味わえる。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001