USB3.0対応 Digital(ウエスタンデジタル) Western ポータブルハードディスク 返品種別A WDBPKJ0050BBK-JESN Passport My Passport2019) (ブラック)(My 5.0TB 外付けハードディスク、ドライブ 【ふるさと割】

:[マンシングウェア] 【22年春夏モデル】 ゴルフ ショートパンツ ストレッチ サンスクリーン 涼しい SUNSCREEN MEWTJD53 レディー,
  1. ホーム
  2. 外付けハードディスク、ドライブ
  3. USB3.0対応 Digital(ウエスタンデジタル) Western ポータブルハードディスク 返品種別A WDBPKJ0050BBK-JESN Passport My Passport2019) (ブラック)(My 5.0TB

Western Digital(ウエスタンデジタル) USB3.0対応 ポータブルハードディスク 5.0TB (ブラック)(My Passport2019) My Passport WDBPKJ0050BBK-JESN 返品種別A 【ふるさと割】

Western Digital(ウエスタンデジタル) USB3.0対応 ポータブルハードディスク 5.0TB (ブラック)(My Passport2019) My Passport WDBPKJ0050BBK-JESN 返品種別A
在庫状況:お取り寄せ/2019年11月 発売/◆自動的にバックアップ◆パスワードロックとハードウェア暗号化◆コンパクトでカラフルなデザイン/[WDBPKJ0050BBKJESN]
WDBPKJ0050BBKJESN
2019年11月 発売


パスワードロック機能搭載。スリムなポータブルストレージ

◆自動的にバックアップ
Windows用WD Backupソフトウェアでファイルを自動的にバックアップ可能。
スケジュールに合わせて自動的にバックアップを実行するよう設定できます。
ドロップボックスへのバックアップやドロップボックス上のファイルもバックアップすることができます。

◆パスワードロックとハードウェア暗号化
My Passportドライブに搭載された256ビットAESハードウェア暗号化と不正なアクセスからコンテンツを守ることができます。
WD Securityソフトウェアを使用すれば、パスワードを設定することで他人がドライブ内にアクセスすることを防止します。


■ 仕 様 ■対応OS:Windows 10/Windows 8.1 ※ 他のOSで使用する場合はドライブの再フォーマットが必要です。インターフェース:USB 3.0外形寸法:約 107.2(W)×75.0(D)× 19.15(H)mm重量:約210g付属品:USB 3.0ケーブル(長さ:46cm、コネクタ形状:Micro B-A)WD Discoveryソフトウェア、クイックインストールガイド
※ソフトウェアはハードディスク内にインストーラーとして格納
  • 4.00

    透明人間だけど非常に暗い方向のイメージだった

    良太

    透明人間、と聞くと、どうしても男が女にちょっかいを出していやらしいことを・・・という展開しか思い浮かばない世代。これが漫画でなくて実写の次世代の映画となると、DVや復習、嫉妬が絡んで憎悪の方向にいってしまうんだなぁ、と思えた映画でした。最後は女性のしたたかさがうまいこと表現されている結論だった。

  • 3.00

    ベタな逃亡映画

    たかや

    ハリソン・フォードの「逃亡者」を彷彿ぽい逃走劇でしたがそれにしても、アメリカ映画だと、とりあえず核爆弾を投下するレベルで銃を撃ちまくるのはなんなんでしょう。「ゴールデンスランバー」みたいに犯人扱いされた人が逃げるという構造自体自分は結構好きなのでそこを取り巻く部分や背景に関してリアリティがあってほしいです。例えば国民のインフラの根幹を司るシステムは基本的にフェールセーフの考えで設計するものですがAIが暴走したぐらいで世界終わりすぎでしょ。例えば、自動運転を完全に実装した車でも手動運転の機能は残しますし電気が通らなくても、信号は赤で表示したりエレベーターのワイヤーが切れたとしても自動ブレーキかかるようにしますしそのシステムが動かなくても代替えになる方法は当然仕組みとして社会が止まらないように工夫するものです。alexaを管理しているAWSサーバ上に悪質なシステムバグがあったとしてもalexaがなくても電気製品は普通に動作しますし病院が完全に止まるとかありえないですしAIの誤動作で患者を殺すような命令はハード側でガードがかかるように構築するもんです。※地味にalexaが会話を勝手に録音するみたいな事件ありましたがそして外から繋がるシステムの時点で絶対に破られないっていうのはありえないのが、クラウドシステムの宿命なんでそういうものものも考慮してシステム化するのであそこまで根幹にかかわるのは法整備的な問題もあって厳しいと思います。※セグウェイが日本の道路で走れないのもその一つですで、この手の作品ではAIでなんでもできてる感がありますがそんな魔法のようなシステムではないです。プログラムした範囲内でしか動作しないです。例えば将棋とオセロとチェスの思考AIの基本理念は打てる手数を割り出して、最終的な盤面の評価値が一番高いものを相互に選んで、結果的に操作者が有利な手を選ぶというって感じで一緒ですがルールや評価方法が違うのでまんま使う事はできないので、それように作らないといけないように医療用のAIはそれように特化したプログラムなので他に流用しようとしてもなかなか難しいのが現状です。そういう色んな部分が気になるものの逃走自体は楽しかったですよ。ただ、犯人の動機が微妙でしたが(こういう風呂敷広げた映画あるある)それにしても大沢たかおの体がごついのはキングダムの役作りだろうか

  • 3.00

    色々と動機が分からない。

    ハイカラ太郎

    最初から何故つきまとうほどの理由が?ストーカーなのか?恨みを買うほどの関係性なのか?心理面の説明の収集がつかない。ゴチャゴチャになって何が何だか?途中までシックスセンス的なのかと思っていたら天井に登った時点でずっこけた。頭から塗料かぶったらシャワーだろ…とも。結局何がテーマなのか分からなかった。兄弟の私恨に利用されただけ?それにしては関係ない人を殺しすぎだな。

  • 2.00

    ガーガーガーガーうるさい

    Amazon カスタマー

    登場人物が喚き散らすのがとてつもなくうるさい感情を抑制できないような人間の集団が、こんなシステム運用できるわけもなく現実味も無いし不快なだけでした。途中で見るのをやめました。

  • 4.00

    透明人間としてあり

    ちょっとしたこと

    ストーカー気質の透明人間というのは良かったと思います見えない追跡者ほど厄介なものはなく、それが透明人間なんだから素晴らしい設定だと思いますただ、人間性が主人公も含めて理解しづらい異常者だからで片付けられるほど魅力が描写されず嫌がらせする情熱が陳腐で知らないカップルの痴話喧嘩ほどに興味をそそられないだからことの顛末もどうでもいい前半で透明人間の人の顔をもっと描写するべきだったと思いますこれでは透明な「プレデター」のほうが生き物として魅力が描けていたし名作です

  • 3.00

    未来に対する不安

    るか

    ネタバレ注意ですm(_ _)m大沢たかおファンなので見ました。オリジナル脚本らしいですね!こういった日本のパニック映画はやはりスケールの小ささが映像にでちゃいますね。アメリカ映画のスケールの大きさを知ってるから、比べてしまいがちです。AIを作った動機は、日本人が作る映画って感じでヒューマンドラマが美しかったです。しかし実際のAIがあるサーバールームがショボい(°_°)それにサーバールームの中に閉じ込められたことを想定して中から開けれるボタンぐらいつけないかな?と思ってしまいました。。停電してるわけじゃなさそうだったし。。あとかくくんがなぜ死ぬのかもよく分かりませんでした。。AI暴走したら、人も混乱してイレギュラーな行動とっちゃうんだぜ!ってことかな(・・;)最後の犯人は意外でしたね。良かったと思います。見ていくうちにいろいろ突っ込みどころはありますが、フィクションだったことを思い出し、大沢たかおの爆走に見入ってました。

  • 4.00

    サプライズ満載でした。

    たいやき

    男女の関係を長続きさせるにはサプライズが効果的だと思いますが、この作品を視聴した後はサプライズのやりすぎはよくないということがわかりました。タイトル通り透明人間がストーキングしてくる恐怖を味わう作品ですが、透明人間から逃げ惑うわけではなく、想像以上にアグレッシブに透明人間に立ち向かっていました。終始いつ襲ってくるかわからない恐怖を感じるわけではなく、最後のほうは近くに透明人間がいて当たり前、逆に透明人間を見つけ出してやっつけてやるというアクション映画なのかな?という展開でした。最後もこれ以上の展開はないというきれいさっぱりした終わり方でした。

  • 3.00

    突っ込みどころしかないけど、逆に楽しい

    proger

    技術的な疑問というか突っ込みどころは満載というか、矛盾しかないくらいに振り切れているので、逆に突っ込みながら楽しめばいいと思います。それにしても、ディスアセンブルした結果を映像で読み込ませるっていう気が遠くなるくらいに非合理的な部分とか、少しでもソフトが分かってる人がいたら、さすがにそれはとなるかとも思うけど、そこはあえて「それっぽさ」を優先してやってるのか、わざと炎上ねらってるのかとか思ってしまいます。

  • 4.00

    ツッコミどころはあるけれど(ネタバレ)

    ソーナノス

    少し酷評もありますが、視聴者を飽きさせないような作りになっていて面白かったです。当面人間というとインビシブルを思い出しますが、これは攻殻機動隊を見た人ならニヤリとするものですね。その粗い作りじゃ無理だろっていうツッコミは、映画だから仕方ないかな。ツッコミを入れると、家から殆ど出ていない主人公がいるのに天井裏を行き来したり、ペンキが簡単に水で落ちたり、何故か台所の流しで上半身全部洗い流せたり、やけに犯人が怪力だったり、雨なのに水の輪郭が出てこなかったりというところでしょうか。ついでにいうとゼウスというワンちゃんは誰が餌をやってたのだろうとかしかし展開としては、脱出した安心感から事件が起きて不穏になっていき、周りに信じてもらえないまま孤立していく恐怖、そしてアクションパートと、最後のどんでん返し。映画のセオリーをちゃんと踏まえた、良作と言えます。ツッコミどころがあることで冷めてしまう人はいるかもしれませんが、エンターテインメント作品として見たときは、なかなかおもしろい部類に入ると思います。主題も、明らかに透明人間が出てくるぞっていうタイトルとテーマであるのに、それなりに面白い作品に仕上げているのは流石です。

  • 3.00

    2030年の話なのか…パトレイバー劇場版一作目は1989年公開だぞ

    ソロソロ

    まず似たような題材の作品は2001年のHAL以降は山のように作られてきました。山のような作品の中から視聴する側は「選択」するわけです。俳優・脚本・演出・映像効果etc…1990年代後半以降はCG効果制作なども安価になりつつあり、年々制作費が潤沢でない和製映画業界にも積極的に使用されるようになってきました。使用され始めた当初は「爆発シーン」やら「旧来の特撮の置き換え」などに使用された上、「見ただけでCG」だとか「後付け丸分かり」な使われ方をしてきました。ですが、この作品では派手さは全く無いに等しいのに上手く画面に溶け込ませているなと感じられ、地味な展開の中でも妙に浮いてしまう部分が無く最後まで鑑賞できました。そんな中で気になる点が3点有り、☆-2とさせていただきました。1,2030年の話なのに走っている車が2010年代の車「ぉぃぉぃビークロス走ってるよ。1997年の車だよなぁ…未来は旧車ブームなのかぁ?」ハリウッドメジャーで大作扱いで制作される近未来ものであればCGで作成、下手したら実車作成して対応します。主人公が歩き廻り映り込む車くらい配慮が必要では無いでしょうか。興醒めです。おそらく映画自体がそういう部分に詳しくない方々をターゲットにしていると思われ、「逃亡者」たる主人公の活躍さえ見れれば良いという人が大半であれば、さしたる問題ではないかもしれません。2,AIの扱いがザックリ過ぎるうえに、個人の遺伝情報まで個人番号に紐付けられてる社会設定された社会背景が「手塚治虫」や「藤子F不二雄」の作品のようにも感じる。医療支援のAIということで遺伝情報まで閲覧できるという所は納得できるが、何故インフラや金融システムまで任せられるのだろう?AIは万能とでも思っているのだろうか?AIがご都合主義的で逆にリアルさを感じられないのだ。逆に人格や感情を持たせてしまったほうが鑑賞ターゲット世代に、より受けたかもしれない。3,OSとAIの違いはあれど観終わったあと「機動警察パトレイバー the Movie」と比較してしまった。「プログラムの暴走とテロ」という骨子は全く同じなのに印象は全く違う。言いたいことは山ほどあるが、また観てみたいなと思うのはパトレイバーの方だ。前提となる設定やキャラクターの掘り下げなど事前に済ませている分、パトレイバー劇場版の方が明らかに有利ではあるが、プログラムは所詮プログラムを描き切った上に「HOSというOSが存在しないと話が成立しない」所がパトレイバーの潔さであり、エンディングに向けて一気に収束するスピード感と鑑賞後の清涼さは何とも言い難い。AI崩壊の「悪巧みの為のプログラム」と「悪人が存在しないと成立しない話」はギミックなどの見所はあれど「逃亡者」の焼き直しに過ぎないし、AIが急に大量破壊兵器に置き換わっても何ら驚きが無い。AIだとこれも出来るあれも出来ると「万能」に見せすぎて逆にリアルさや臨場感を無くしてしまったのが残念。逆にパトレイバーが20年も前の作品だというのが驚きだ好きな俳優が出ている、気になってはいたが劇場で見逃してしまった、な方々にはオススメです。視聴を迷っている方は、部分部分で指摘したい箇所は有りつつも全体的には楽しめる作品になっていますし、「特殊効果」があるサスペンスものといったスタンスで見てみてはいかがでしょうか?

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

一般ファスナー・パネル用 General fastener・for panel

取付図 Example
取り付け説明図
Installaion diagram
PLR-001